ジョン・レノンの愛した高級ホテルはどこ?【所さんお届けモノです!】1月6日

万平ホテル TVネタ

『所さんお届けモノです!』では【100年以上続く老舗の新名物を探して!中山道を歩く】が放送されます。2019年1月6日(日)17時00分~17時30分・TBSにて。そこで、ジョン・レノンが愛したホテルが紹介されるそうです。さて、そこはどこでしょうか・・・

スポンサーリンク

ジョン・レノンの愛した高級ホテルはどこ?【所さんお届けモノです!】

高級ホテルってどこよ~。それは・・・軽井沢の『万平ホテル』です!!


ジョン・レノンのファンなら、すぐに分かりますね!!

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】

この『万平ホテル』は老舗、創業なんと254年!!まずは歴史から知りましょう♪

『万平ホテル』の歴史

1764/明和元年、佐藤万右衛門が旅籠「亀屋」を開業した事から始まります。
万平ホテルの黎明期には二人の重要な人物がいます。佐藤万平佐藤国三郎です。佐藤万平が初代であり、国三郎は万平の娘婿です。佐藤万平の死後、国三郎が二代目万平を襲名。万右衛門の興した万平ホテルの前身である旅籠「亀屋」を発展させた初代万平、旅籠からホテルへと発展した「万平ホテル」の礎を築いた二代目万平。今の万平ホテルは二人の意志を引き継いでいるのです

1868/明治元年 二代目万平(国三郎)が、生誕しました。

1894/明治27年、国三郎が聖アンドレ教会伝道師学校を卒業、各地でショー氏とともに布教活動に従事したのち軽井沢へ戻る。それを機に、万平は亀屋を欧米風のホテルに改装しました。名も「亀屋ホテル」へと改称。これが現在の万平ホテル、創業元年となります。

1896/明治29年 「亀屋ホテル」から「萬平ホテル」へ改名。

1902/明治35年 これまで萬平ホテルは現在の旧軽井沢銀座通り、郵便局のあたりにありましたが、この年、現在の場所である桜の沢に移転、新築します。洋風建築、客室数は22になります。

1918/大正7年 初代佐藤万平、他界。享年68歳。

1919/大正8年 佐藤国三郎が「二代目万平」を襲名。日本館を移設増築(現在の熊魚菴たん熊北店)、和洋室を備えたホテルとなる。

1936/昭和11年 軽井沢では前年から本館の取り壊し・新築に着工。現在も雄姿をとどめる本館、アルプス館が完成。「萬平ホテル」から「万平ホテル」へ改名。

1976/昭和51年 ジョン・レノンがこの年から亡くなる前年の1979年まで4シーズン、毎年、夏にアルプス館に宿泊。

2007/平成19年 アルプス館、桧館が経済産業省の近代化産業遺産登録されました。

現在に至ります。(引用:万平ホテルより/省略年号あり)

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】のカフェ

万平ホテルの『カフェテラス』は、ジョン・レノンファミリーも利用していたことで広く知られるカフェテラスです。

夏には爽やかな風が吹き抜け軽井沢らしさを感じます。季節オープンのウッドデッキではワンちゃんと一緒のご利用が可能です。

万平ホテルの『カフェテラス』でジョン・レノンが愛したメニュー

ロイヤルミルクティー】・・・840円
万平ホテルが厳選した紅茶とまろやかなミルクのハーモニーです。ジョン・レノン直伝の逸品です。

信州産紅玉を使ったアップルパイ(ドリンク付)】・・・1,270円


『ジョンレノン』が好んで座った席はどこですか?と万平ホテルさんに聞くと、教えてくれますよ!!

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】のロビーは

ジョン・レノンが弾いたピアノ(ヤマハ・アップライトピアノ)があります。


大杉漣も弾いて感動してますね!!

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】には数々の著名人が

三島由紀夫・東郷平八郎・田中角栄・・・まだまだご立派な方々が泊まられてます。

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】でマッサージ

これはあまり知られていない事ですが、万平ホテルでジョンレノンは鍼灸マッサージもされていました。各国の有名人が隠れてマッサージをこちらでされていたとも言われています。

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】の部屋は

ジョン・レノンの愛した部屋は128号室

 

ジョン・レノンの愛した高級ホテル【万平ホテル】の予約は

こちらから出来ますよ!!一度は訪れたい場所です。泊まらなくても、カフェでジョンレノンの愛したアップルパイとミルクティーが楽しめます♪




まとめ

ジョン・レノン=軽井沢と言ってもいいですよね。サンチカも万平ホテルには数回お邪魔した事があります。いつ訪れても、素敵なホテルです。そしてジョン・レノンが愛した軽井沢の場所はまだまだあります。いずれ紹介して行きたいと思います♪最後までありがとうございました。

コメント