【林修の今でしょ】ざんねんないきものって何?残念ベスト10!!哺乳類・魚類・鳥類(6月25日)

TVネタ

林修の今でしょでは、ざんねんないきものが紹介されました。ざんねんないきものって何?

是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ざんねんないきもの【哺乳類】残念なところベスト10

子供たちに人気の今泉忠明さんの本「ざんねんないきもの」大人気です!!

動物は、私たちが分からないことがあるので、そこが楽しい本です。

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

人間の残念なところは、転ぶところ。怪我する、病気する、毛がないので洋服を着るところだそうですよ。

動物は、鼻呼吸のみだそうです。人間は、口呼吸しますね。そのため、喉を傷めます。

人間もたくさん残念なところがありますね。

10位 シマウマ

シマウマ

シマウマの鳴き声はワンワンというそうです。えぇぇぇ~、びっくりですよね。

馬とシマウマの祖先は同じなのに、鳴き声が違います。人間でいえば、日本語と英語程度の違いだそうですよ。

9位 オラウータン

オラウータン

オラウータンは、群れをつくらず、ケンカで強さの協調です。

強いオスは、顔が大きくなるんですって。男性ホルモンの影響で、強くなることで、顔が大きくなるそうです。

8位 バク

バク

バクをこすると、残念な事が。バグは、掃除ブラシでゴシゴシされると、寝てしまいます。可愛いですね~。治療には、いいですよね。

野生のバクは、自分で木をこすりつけるそうです。

7位 キリン

キリン

キリンは、舌が長く葉っぱを食べます。でも、舌が長いので、鼻くそをほじくるそうです。

一見残念に感じますが、これは大切な行為で、鼻がつまると死んでしまう事もあるので、生きる行為だそうです。

6位 パンダ

パンダ

木登り上手なパンダは、爪がのびています。残念なのは、降りることが苦手なんです。よく、ドスンと落ちてますよね。落ちる練習しているようです。ケガはしません。

5位 ラクダ

ラクダ  

灼熱の場所でも元気ならくだは、2つのこぶでエネルギーにし、1か月以上は食べなくてもすむそうです。

エネルギーを使い果たしてしまった、ラクダはコブはしおれるそうです。ふにゃ~んとしおれた花のようになってました。

元に戻すには、食べること。1か月位で復活はするそうです。

ヒトコブラクダとフタコブラクダは、住んでいる場所が違うそうです。種類は違うんですって。

ヒトコブラクダのこぶ1つ約100㎏、フタコブラクダは・・・1コブに約50㎏づつで、二つなので、重さは同じだそうです。

4位 キンカジュー

キンカジュー

最近はペットとしても飼われているそうです。かわいいです。

舌が長く、蜜をなめとります。

気をゆるむと、あっかんべーをしてしまうそうです。あっかんべーは、相手への安心感の現れだそうです。自然界ではしないんですって。

3位 コアラ

コアラ

1日寝ているコアラの残念なところは、ユーカリに含まれる猛毒のせいで1日寝ているそうです。

ユーカリの毒を解毒するためエネルギーを節約しているんですって。

では、ユーカリを食べなければいいのにと思いますが、ユーカリ以外は食べないそうです。

2位 チベットモンキー

集団生活の猿です。ケンカをよくします。大人のチベットモンキーは仲直りするのに、子供を利用するそうですよ。

チベットモンキーは子供が大好きで、子供を持ち上げるんですって。

1位 セイウチ

セイウチ

北極海に生息するセイウチで、鋭いキバをもっています。セイウチの残念な弱点は、温度で体の色が変わるほどの敏感肌なんですって!

太陽に浴びると、赤く変化する・寒いと、青黒に変化です。

スポンサーリンク

ざんねんないきもの【魚類】残念なところベスト3

3位 タツノオトシゴ

タツノオトシゴ

日本では、伊豆諸島や日本海岸にどに生息しています。

スキューバーでは、ハート型が人気です。

タツノオトシゴの残念なのは、1,000匹卵を産んでも、生き残るのはたった2匹だけなんですって!!厳しい・・・。ちょうどいいバランスだそうです。

タツノオトシゴはお父さんが産むんですって。メスがオスのお腹に「育児のう」(お腹あたり)に卵を産み付けて育てます。メスは、卵を産むとどこかに行ってしまい、オスは約20日間1匹で卵を守るんです。育児のうから、出産します。

ビックリです!!

2位 トビウオ

トビウオ

トビウオは大型の魚から逃げるために、羽をもったんです。

最長で500mも飛べ、最速で約時速70㎞/hなんですって。

魚なのに、空を飛べる残念なところは、飛んだところで鳥に食べられるところです。

空→鳥に食べられ、海→大型の魚に食べられるそうです。

トビウオは、カーブできないんです。飛んで降りたら、魚に食べられてしまうんですって。可愛そう・・

1位 ドジョウ

ドジョウ

体は細長く、全長10㎝~15㎝の細長い円柱形の体です。水田によくみられます。

ドジョウはちょっぴりはずかしい残念な行動とは、おならをしがちなんですって!

ドジョウは、腸でも呼吸するそうです。だから、汚い水でも生きていけるそうですよ。この呼吸で敵に見つかる事もあるそうです。

スポンサーリンク

ざんねんないきもの【鳥類】残念なところベスト3

3位 フラミンゴ

フラミンゴ

美しいピンクの羽に、残念な秘密があります。フラミンゴの赤やピンクの色は、食べ物のせいです。生まれたては白なんです。

エサは、エビや藻ですが、エサに含まれる成分が体内で変換され、体が赤やピンクに染まります。細長い脚は、片足ですよね。そこも残念な理由があります。水辺で体が冷えてしまうため、片方はお腹に入れて足を温めています。

それならば、水辺から出ればいいのにと思いますが、陸上の天敵に襲われないようにする説があります。

フラミンゴは、白か赤になるんですって。体が赤いほうがモテるんですって。

2位 アフリカオオハコノハズク

フクロウ

かわいいペットとして人気です。天敵から守るために、残念なところは、敵を発見すると、痩せて細くなるんですって。細くなって、木の枝に変化です。敵に見つかったら、大きく変化です。

1位 ホオジロガモ

名前の由来は、オスのほっぺたが白いから。メスは白くありません。日本では、主に北海道などの北日本の湾に生息しています。

2月から3月にかけて、オスがプロポーズしますが、そこが残念なんです。

ホオジロガモは、プロポーズの時に顔をそむけるんですって。なんで~!!

顔をそむけるより、上に向いてましたね。不思議な行動でした。

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

スポンサーリンク

ざんねんないきもの 哺乳類・魚類・鳥類 まとめ

面白かったですよね。ざんねんないきもの、子供と一緒に盛り上がれそうです。

コメント