でんじろう実験『暗闇で光るスライム』の作り方!ハイテンション科学者ウルフィーからの挑戦!

スライム TVネタ

でんじろう実験がフジテレビで放送されました。暗闇で光るスライムの作り方や、それ以上の実験!!超ハイテンション科学者ウルフィーからの挑戦です。

スポンサーリンク

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』ハイテンション科学者ウルフ

かなりハイテンションの科学者のWolfie(ウルフィー)。YouTubeでも人気のようで、再生回数も200万回の動画もたくさんあります。(この動画は、光るスライムの作り方のものではありません)
チャンネル登録者数は、なんと 7,868,524人!!すごい人気ですね!!

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』の作り方!

では、どうやって光るスライムをつくるのでしょうか!?

  1. ジャガイモと、柑橘系のエキスを用意する
  2. ジャガイモをなるべく細かく刻む
  3. ジャガイモをゆでる。熱々の熱湯で4分ほどかき混ぜる。
  4. ジャガイモの水分を絞りとる。
  5. 5分後、ゆでた水を捨てる
  6. 捨てた水の下にたまった白い粉を集める
  7. 白い粉と謎の液体をまぜる
  8. スライムの出来上がり!!
  9. 暗闇ブラックライトをあてると、光るスライムの出来上がり!!

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』の謎のエキスは何?

謎のエキスは、炭酸水に使われているキニーネ。海外の炭酸水はこのキニーネが含まれるそうで、紫外線を吸収し発光するそうです。

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』の白い粉は何?

これは、ジャガイモデンプンです。よく、小学校の理科の実験でやりましたよね。

 

↓↓↓フジテレビの動画が見放題!初回に限り 1 ヵ月間無料↓↓↓

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』でんぷんで作ったスライム科学

このでんぷんで作ったスライムには、面白い科学反応があります。それは『ダイラタンシー現象』と呼ばれる。

でんぷんを水とあわせると、でんぷんの粒はとてもちいさくて溶けているように見えるが、溶けていない。ただ混ざっているだけなので、水を弾きます。

両手で固まる。片手に乗せると、とける。不思議!!

↓↓↓それがこの実験です!!↓↓↓

でんじろう実験『暗闇で光るスライム』 まとめ

この実験なら、子供と楽しめますね。危なくなく、自然の物を使うので安心ですね。科学って楽しいですね♪

コメント