【帰れマンデー】奥鬼怒秘境「関東最後の秘湯」キンプリ岸優太も入った温泉とは!?(5月27日)

露天温泉 TVネタ

帰れマンデー見っけ隊!!では、奥鬼怒秘境の「関東最後の秘湯」に訪れます。キンプリの岸優太さんも入った温泉が気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

【帰れマンデー】奥鬼怒秘境「関東最後の秘湯」は?

山奥にある秘湯。秘湯だというだけあって、けもの道を歩いて宿にたどり着きます。

関東で有名な「鬼怒川温泉郷」ですが、さらに奥に進むと「奥鬼怒温泉郷」があります。

奥鬼怒温泉郷は日光国立公園内にあるため、自家用車ではいけません。サンドのように、ハイキングか宿に泊まる方限定で、お宿の送迎でしか行けません。階段を上り、ゴツゴツの岩を進み、大きな吊り橋を進みます。

昼間だと、絶景な景色が楽しめますが、夜となると野生の獣も現れます。

頑張って、歩くこと約1時間30分位の場所、標高1,300mの秘境「八丁の湯」が現れます!!

【宿名】八丁の湯
【住所】〒321-2717 栃木県日光市川俣875
【電話】0288-96-0306

 

↓↓↓こちらから予約できます↓↓↓

スポンサーリンク

【帰れマンデー】奥鬼怒秘境「八丁の湯」とは

八丁の湯の自家源泉は、100%自然湧出のかけ流し温泉です。そして、一切追い炊きをしない温泉の中の温泉。季節を楽しみながら、お湯も楽しめます。

「八丁の湯」ログハウス

泊まるお部屋は、ログハウス。昔から憧れのある木のおうちです。

「八丁の湯」温泉

大自然の中で温泉に入れますよ。来て良かった~と思う瞬間ですよね。

最近では、あまり入れなくなった混浴の湯もあります。

日帰りも

日帰り温泉もできるそうです。

入浴のみ。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
料金:大人(中学生以上) 800円 / 小学生 500円 ※消費税込
ご利用時間:9:00~15:00 休館日のご利用は不可
※事前予約不要(引用:八丁の湯)

お食事

地の物を使ったお料理が楽しめます。

名物いのしし鍋や、ヤシオマスのお刺身・栃木県産高根沢産コシヒカリ、等々・・・美味しいにきまってます!!

スポンサーリンク

【帰れマンデー】奥鬼怒秘境「八丁の湯」 まとめ

以前、メディアでも取り上げられたお宿&湯なんですね。あらゆるメディアに取り上げられるという事は、とってもいい湯なんでしょうね。一度行ってみたいと思いますが、ペットはNGです。残念です。

コメント