ムーミン谷が埼玉にもう1つ!無料『あけぼの子どもの森公園』はトーベ・ヤンソンの念願の公園!!

ムーミン 日常・子育て

ムーミン谷がもう1つあるのは知っていましたか?ムーミンバレーパークが人気になっていますが、無料でしかも、原作者のトーベ・ヤンソンさんの公式公園です。これは行く価値ありですよ!

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園って?

ムーミンバレーパークより前に開園された、平成9年開園の公園です。もう20年以上も親しまれているトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園。

この公園は、北欧の童話作家として有名なトーベ・ヤンソンとの手紙のやり取りから生まれました。

「1991年9月に当時の建設省より『平成記念子供の森公園事業』としての認定を飯能市が受け、公園開業の計画が持ち上がりました。そこで飯能市職員が、トーベ・ヤンソンさんに宛てて『あなたの書いた童話の世界を体感できる公園を作りたい』と手紙を書いたんです」

遠いフィンランドでその手紙を受け取ったトーベ・ヤンソンさんは快く了承してくださったそうです。

<手紙の翻訳>

「あたたかいごあいさつに加えて、ムーミン谷(※編集部注「あけぼの子どもの森公園」のこと)に関する設計書とデザインをお送りいただきありがとうございました。

とてもすばらしい風景のもとに、ムーミン谷ができあがるものと確信いたします。(中略)子どもたちがこのムーミン谷で入場料などを払わずに、自由に遊んだり、泳いだり、山登りをしたり、安らいだりできるということに心から安心いたしました!

親愛なる皆様、私は恥ずかしながらすっかり老い、病ももっておりますので飯能に行って皆様の仲間に入ることは無理なのです。私はみなさんの夢が実現されることを望んでやみません。トーベ・ヤンソン」(出典先:ちいき新聞)

そうです。この手紙にもあるように、入場料などを払わずに、自由に遊んだり、泳いだり、山登りをしたり、安らいだりできるということに心から安心いたしました!

トーベ・ヤンソンさんの意向の通り、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は無料なんです。しかも駐車場も無料。なのに、施設は素晴らしいんです!!

トーベ・ヤンソンさんとのやり取りの中で生み出された「自然との共生、自我と自由の尊重」という公園の基本理念を表現すべく、自然の中で子どもたちがのびのびと学んで遊べるよう遊具の設置はありません。自然と共存を感じられる公園です。

広さは7.6ヘクタールもあり、東京ドームの約1.6倍の大きさになります。

自然の中で、お弁当を広げてもいいし、ムーミンのおうちの中入ってもいいし、自由です。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園の場所

電車で行くには、少し不便な場所にあります。電車では、西武池袋線「元加治駅」から徒歩20分が一番近い駅になります。お車で遊びにいらした方がいいですよ。

ムーミン

【住所】〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
【電話】042-972-7711
【開園時間】9:00〜17:00(※季節によって、開園時間は変更)
【休園日】 月曜日(※月曜が祝日の場合、その翌平日)
【ホームページ】トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【駐車場から入口】まで

まず駐車場から降りて、公園に向かうとすぐに分かりやすくトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園はこっちの矢印があります。

すると、結構な坂道が見えます。お~、この坂道をのぼるんかい!とベビーカーを押しているパパママさんの姿も。横には、ちろちろっと小川も流れています。

よく見ると、たまに丸いものが・・・。キノコのオブジェのようなアートが、点々とあります。

登っていく途中には、自動販売機が5個位ならんでいます。アイスもあり、ジュースもあります。

あけぼの子どもの森公園には、売店がありません。カフェはありますが、気軽に飲んだり食べたりする商品は、この自動販売機にしかないので、途中でお弁当やお菓子を購入し持参して行った方が1日遊べますよ!

日よけのテント・自転車・ボール等の使用は禁止です。ここは何もない公園ですが、普通の大きい公園とは違います。ムーミン屋敷と自然、フィンランドの雰囲気をぜひ楽しんで下さい。

ムーミン

駐車場は、無料で市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用して停めます。駐車場は約250台停める事が出来ますが、土日は市民体育館や球場の利用者が多いと、駐車場待ちもあります。

ムーミン

行くなら、早めか、遅めを狙っていくといいですね!今回は、遅めだったので駐車場もサクッと入れました。

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【事務所とホール】

ムーミン

上り坂をようやく登り、左手に不思議な屋根の大きなおうちがあります。ここが管理棟です。

トイレ

トイレはこの管理棟にあります。しかもキレイです。受付を右にみて奥に進むと、あら可愛いムーミンがガラス越しにお出迎え。

奥に進むと靴を脱いで中へ。建物の横には滝が流れ、水の音が聞こえます。

ムーミン

この滝が管理棟へと続いて、部屋の中からも外からも見えます。

ムーミン

こちらは女性トイレ。木の扉も美しいでしょ。少しブレちゃいました。

ムーミン

管理棟の屋根もお洒落です。ここは美術館なの?と錯覚するほどのアートな世界。

屋根にニョロニョロがいたり、このアートの近くまで階段でこれちゃいます。1階が管理棟だけれど、裏に回るとコンサートやいろいろなイベントが行われるホールがあります。

樹齢100年を超えるヒノキの丸太を使用したドーム状の屋根や、窓、照明の形もおもしろいんですよ。

あれ?地面から来たから1階なのに、あれ?ここは2階になるの?と不思議な感覚になりますよ。

ムーミン

裏へ回るとホールの入り口です。靴を脱いで入ります。この入口もアートでしょ!

中は広いホールです。コンサートが行われたり楽しいワークショップやイベントが行われます。イベントが行われていない時は、中には自由に入れます。

天井の広いホールと建物の素晴らしさは、一度体験して欲しいです。

こちらのパネルは飯能市のふるさと納税の返礼品だそうです。ムーミン大好きな方は、ふるさと納税でこんなに素敵なパネルが貰えてWinWinの関係ですよね。

玄関の扉から見た外の景色です。窓の枠も素敵でしょ!

建築士は村山雄一(むらやま たけかず)さん。子供の施設で幼稚園や保育園をいくつも手掛けてます。そしてサンチカの住む茅ヶ崎の保育園にもお洒落な保育園があるのですが、そちらも手掛けていたのはビックリです。

子ども達が、このアートのような世界が少しでも体験できるのがいいですね。それも気兼ねせず、わいわいと楽しめるんですもの。ホールを走ったり、歌ったりできるなんていいでしょ!

外に出ると、屋根があり前には広い広場があり、子供達は走りまわってました。

下を見ると、可愛らしい石が埋め込まれています。子供目線なんです。大人は上や建物ばかり写真を撮っていますが、子供は自然の中で大いに楽しんでます。

コレ見て!!石があるよ。周りをみると、あちこちに。子供はこの石だけでも楽しんでます。この心が必要ですよね。大人もここへ来ると、優しい気持ちになれます。

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【ムーミン屋敷きのこの家】

上り坂の目の前にまず目に入るのが、きのこの家です。

ムーミン

ちょうど春だったので、周りは綺麗なお花が沢山咲いてました。

ムーミン

まず、きのこの家に入るには靴を脱ぎます。みんながバラバラに脱ぎ捨てているので、自分の靴が分からなくならない様に注意してくださいね。特に、子供の靴は同じようなメーカーが多いです。

ムーミン

1階~2階

中に入ると、ソファーがあります。このソファーでくつろいでもいいし、子供達と遊んでも楽しいですよ。

ムーミンの家

そして、ここの家具は全て触ってみていいんです。中をあけたり、クッキングのマネをしてみたり、自由に遊べるのが素敵なんですよ。時計も動いてます。

ムーミン  

美術館だと、触らないで下さいのような家具も、実際に触れるの。本物のキッチンで遊べるなんて、楽しいですよね。

暖炉もあります。

これ黒い煤のようなの物があるけど、本当に使ったのかな?

はい。冬になると本当にここで火を焚いて暖炉になるんです!

ムーミン

テーブルのような場所から、窓から外を眺めてます。この窓どうなってるの?という不思議を体験できるのがいいでしょ。

2階から、下につながっている柱やら、どこから入っていいのか分からないけど、出口もどこか分からなくなる不思議なトンネル。

ムーミン

階段を上る手すりもアートです。ムーミンパパが階段から降りてきそうでしょ。

ムーミン  

木のぬくもりがいいんです。しかし、冬は足元が冷えます。そして滑ります。気をつけて下さいね。

天井も素敵なんです。こんな照明いいですよね。マネしたいです。換気もできるようになっています。

ムーミン

2階から3階

いったいここは何階か分からなくなる屋敷です。階段途中途中にムーミンの本に出てくる人物が紹介されています。絵本の世界に入った感覚にもなります。

ムーミン

そして階段の途中におままごとが出来るようなミニチュアの世界も楽しめます。もちろん、これも遊んでいいんです。でもここで遊ぶのは子供サイズの場所。大人が入るのにはちょっと厳しいです。

ムーミン

外からの光がステンドグラスに反映され、窓からの景色も素敵です。

ムーミン

室内からの階段もありますが、ムーミン屋敷の外にも階段があります。

※小さい子は落ちないように気をつけて下さい。ヒヤヒヤします。アートの階段を上るのは、大人もテンションあがっちゃいます。

ムーミン

3階に上がると、屋根下を一周回れます。お部屋はありませんが、隠れ家のような穴があったり、天井のランプに見とれながら、下のお部屋を見る事が出来ますが、狭い廊下と高さから、大人は少し足がすくんだり・・・。子供は何度もネズミのようにくるくる回って楽しんでました。

 

ムーミン

地下一階

1階から地下へ行けます。しかし、外からもいけるんです。階段を降りるか、きのこの家をぐるっと回って裏側からも入れます。

ムーミン    

地下1階は、大きなスペースがあります。そして、ムーミンの扉。中はひんやりとしてます。

外に出ると、赤いポストがあり、ムーミンへお手紙も届きそうです。

ムーミン

庭先にはアートのベンチがあり、3人仲良く座っているようにみえますよね。

ベンチにも細かい細工が施されていて、ネズミさん、あれ?リスさんがちょこんと顔を出していたり、手にもペットボトルが入るようになっていたり!!

ムーミン

ムーミン

外観

どこから見ても不思議な建物ですよね。きのこ、エリンギ?

裏に回ると、こんな素敵な天使のような女の子がいたり、屋根の上には自然にコケが生えていたり、ここに住みた~い!と本気で思ってしまいます。

ムーミン

スポンサーリンク

あけぼの子どもの森公園【スナフキンがいそうな場所】

ここでスナフキンが釣りをしていそうですよね。何がいる?とムーミンが話ていそうな雰囲気です。夏には、周りの水辺で子供達が遊ぶ事もできます。春はあまり水が綺麗ではありませんでしたが、自己責任で遊ばせて下さいね。

スナフキン

中にも入れるんです。なんだか秘密部屋のようでうれしくなりますよね。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園を一周してみましょう♪

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【毒虫注意!】

ヘビに注意!!文字で書くよりも、子供はとっても分かりやすいですよね。

ムーミン

今度は、ハチに注意!!自然の中にある公園なので、沢山の虫もいます。大人が気をつけながら、楽しく遊びたいですよね。

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【公園内はペットもOK】

公園内は館内以外はペットOKです。我が家のペットも一緒に楽しました。

ムーミン ムーミン

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【ふしぎな橋】

1周回っていると、木のおうちのようなものが。上は、何もないのですが、なぜか上りたくなる。

ムーミン

進んでいくと、不思議なアートの橋。

ムーミン

ムーミン

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【森の家】

波打っている丸太の森の家。飯能の特産「西川杉」のヒノキの丸太が使われている建物です。

ムーミン

玄関を入ると、靴入れがあります。

中には、トーベ・ヤンソンに関する資料が飾られています。

ムーミン

資料をじっくりと見て、お話スペースもあります。2階にあがると、図書のコーナー。絵本もあり、子供に読み聞かせるスペースにはちょうどいいですよ。

ムーミン

ムーミン

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【ベンチ】

ニョロニョロのベンチ~。座りたーい!

ベンチ

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【カフェプイスト】

おしゃれなカフェが2018年6月にオープンしました。店内ではキッズスペースがあり、くつろげる空間がたっぷり。営業時間は10:00〜17:00(L.O.16:00)

カフェプイストのプイストの意味は、フィンラン語で公園という意味。カフェプイストは森の中の公園で北欧の雰囲気に包まれながら過ごせるお店です。

ムーミン

わんちゃんと一緒には、こちらの外でくつろぎながら食べられます。  

メニュー

メニューはキッズプレートもあります。テイクアウトも出来るし、お店で食べる事もできます。

カフェプイスト

 

View this post on Instagram

 

キッズプレートがボリュームアップしました🌼 ただいま平日限定で、お得なデザートセットをご用意してます🍰

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿

店内

 

View this post on Instagram

 

cafe puistoさん(@cafe_puisto)がシェアした投稿

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【イベントライトアップ】

期間限定ですが、ライトアップを開催しています。

2019年4月27日からは毎日。その後、土・日・祝のみ、日没~21:00まで開催しています。まだいつまで開催するのかは未定のようです。

詳しくは、トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園のホームページでご確認下さい。

ライトアップの時は、カフェプイストさんも営業されているようです。

スポンサーリンク

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園【まとめ】

すごく素敵でしょ!こんなに北欧のムーミンの世界が無料で楽しめるんです。トーベ・ヤンソンの想いもこの公園には感じられます。素晴らしいです。

電車からは少し不便ですが、ムーミンファンなら是非とも訪れて欲しい場所です。

そして、子供達にも体験して欲しいです。自然の場所で大いに遊べる場所です。空気もいいので、思いっきり遊んで楽しんで下さい。

コメント