マツコの知らない世界『かき氷』家庭用かき氷器が進化!!ふわふわが楽しめちゃう♪(7月2日)

かき氷 TVネタ

マツコの知らない世界では、かき氷ですね。夏は、やっぱりかき氷ですよ。家庭用も進化し、専門店レベルのかき氷が食べられるようになったようですよ。

どんな商品なのか、紹介します。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界『かき氷』家庭用かき氷機って?

かき氷器

最近、家庭用かき氷器も進化していて、ジャリジャリかき氷でなく、ふわっとろっとした口の中でとけるかき氷ができるんです。

その名はOtona 電動わた雪かき氷器です。ドウシシャから発売されていて、話題にもなっていますね。

このかき氷器は、台湾式かき氷ではなく、日本式かき氷がふわっと楽しめるかき氷器です。

電動かき氷器ふわふわのひみつは?

かき氷

氷を温めるかき氷です!

ん?温めたら、溶けちゃうじゃない~。でも、それがポイント!!

冷凍庫から出した氷は、温度が冷たすぎるんです。だから、食べると頭がキーンとなってしまうんです。かき氷の最適な温度で、削るのがいいんですって。

ドウシシャの電動わた雪かき氷器は、氷の表面を最適な温度で温めながら削るので、ふわっとした食感のかき氷ができるんです。

削る刃の部分には、ヒーターがついてるんです。ヒーター部分は、熱くなるので注意が必要ですよ。

みてみて~。動画がありましたので、このふわっとした感じを。氷が違います!!

こんなかき氷、自宅で作ってみたいですよね。一芸家電ですが、夏は大活躍間違いないでしょ!!

 

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

台湾風かき氷なら・・・

かき氷

台湾風かき氷なら、同じドウシシャで「Otona とろ雪Wふわふわ電動かき氷器」が発売されています。

とろ雪Wは、刃にヒーターがついてません。でも、ふわとろのかき氷が作れるんです。

台湾風かき氷は、材料をまぜてから氷にして削るため、ヒーターなしでふわとろの氷ができるようですよ。

 

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

2色使いのかき氷は、別のタイプもあります。

台湾風かき氷ではなく、日本のかき氷も楽しめるようです。雪のようにサラサラです。

でも、Otona 電動わた雪かき氷器のような氷ではないですね。

ヒカキンが動画でアップしていたのが、公式より分かりやすいので参考にしてみて下さいね。

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

スポンサーリンク

マツコの知らない世界『かき氷』家庭用かき氷機 まとめ

他にも紹介されましたら、追記していきますね。

夏は、やっぱりかき氷ですよね。どうせなら美味しく食べたいですもの。

コメント