【ケンミンSHOW】旭川”新子焼き”って何?ぎんねこ・三代目かん太郎の場所は?(5月30日)

新子焼き TVネタ

秘密のケンミンSHOWでは、北海道旭川で有名な新子焼きで登場しました。新子焼きって何?

TVで放送された、ぎんねこの場所はドコ?等・・・調べてみました。ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

【ケンミンSHOW】旭川”新子焼き”って何?

新子焼きは、旭川市内の焼き鳥店を中心に約25店舗で提供されています。

新子焼きとは、若鶏を半身にして焼いたもの。手羽・ムネ・モモの部位がついており、各部位にタレで頂くのが最大の魅力です。

旭川の家庭では、クリスマスにも新子焼きパーティーが定番です。

新子焼きは、旭川市で約70年前から食べられていたと言われています。当時は戦争で食糧難となり、タンパク質が必要となり、お肉は安価に手に入る鶏肉を半身丸々焼くとボリュームもあり、甘じょっばいタレをつけて食べると、大好評を呼んだと言われています。それが徐々に根付き、今ではいろいろな店舗で提供され、旭川市民に愛されているそうですよ。

 

【新子焼きのネーミング】

出生魚てせあるコハダの稚魚をシンコと呼びます。
それを若鶏に置き換えて、新子焼きとなったそうです。

 

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

スポンサーリンク

【ケンミンSHOW】旭川”新子焼き”の紹介されたお店

焼鳥専門 ぎんねこ

カウンター席も、座席も大賑わいの満席です。焼鳥はもちろん、新子焼きはみんな食べてます。


【店名】焼鳥専門 ぎんねこ
【住所】〒070-0035 北海道旭川市5条通7丁目右6
【電話】0166-22-4604

三代目 かん太郎

【店名】三代目 かん太郎
【住所】〒070-0033 北海道旭川市3条通13丁目右1
【電話】0166-22-5244

スポンサーリンク

【ケンミンSHOW】旭川”新子焼き” まとめ

新子焼き美味しそうでしたね。鶏肉は間違いないですよね。

タレが違うというのですが、どういう味なのでしょうね。気になりますね!

コメント