【指原のつぶれない店】しいたけ肉厚『のと115』山アワビって!?(4月28日)

しいたけ TVネタ

指原のつぶれない店で道の駅でバカ売れで肉厚のしいたけが紹介されました。びっくりするほど、肉厚。あわびを食べていると勘違いする程です。

スポンサーリンク

【指原のつぶれない店】能登の道の駅おすすめの塩

能登の道の駅でバカ売れ商品、しいたけです。肉厚でしいたけに名前がついてるほどです。

道の駅で紹介されたお塩です。塩田に砂を拡げ、その上に海水を細かく撒きます。砂を天日で乾燥し砂に塩をつけます。その塩を砂から取り出すために、再度、海水に溶かします。
そこで、濃度の高い海水ができます。この海水を釜に運び、水分を蒸発させ、塩が出来上がります。

珠洲の海 あげ浜

スポンサーリンク

【指原のつぶれない店】能登の道の駅 しいたけ『のと115』

しいたけ

 

しいたけの名前は「のと115」別名「山あわび

一般のしいたけの傘が4㎝、のとの傘はなんと、7.8㎝が平均で2倍!厚みも2倍です。

スライスして、ステーキで食べたり、そのまま焼いたり、しいたけの肉詰めもGOOD!

日本のしいたけ総生産量のわずか1パーセントにもみたないしいたけです。

三清共グループさんが生産しています。しいたけの原木畑が沢山です。ここのしいたけは、菌を打ち込んだ場所からしいたけが出るのではなく、原木の木の皮を突き破って出てくるんです。収穫も2年もかかるんですって!

能登半島の気候がしいたけを育つ環境にいいそうです。

超巨大なしいたけは「のとてまり」というブランドに!!

【のとてまりの条件】

  • かさの直径 8㎝以上
  • 身の厚み 3㎝以上
  • 巻き込みが 1㎝以上
  • 円形に近く割れがない
スポンサーリンク

【指原のつぶれない店】しいたけ『のと115』購入できる?

現在は生産が終了しているので、生は購入できませんが、乾燥しいたけは購入できます。

↓↓↓こちらからも購入できます↓↓↓

ふるさと納税で手に入れる事ができますよ!!

スポンサーリンク

【指原のつぶれない店】しいたけ『のと115』 まとめ

こんなに肉厚のしいたけ見た事ないですよね。一度食べてみたいですね。

 

コメント