【教えてもらう前と後】生姜焼き健康効果の食材・プロの味が出せるワザは?夏の健康食!(7月30日)

生姜焼き TVネタ

教えてもらう前と後では、生姜焼きでした。夏に食べる健康食だそうですよ。

健康効果がアップする方法・家庭でプロの味が出せる方法が紹介されましたので、是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

【教えてもらう前と後】生姜焼き、健康効果がUPの食材

生姜焼き

健康パワーUPに必ず入れるといい物は、玉ねぎです。

玉ねぎは、生姜焼きを作る前に切っておかないといけません。玉ねぎの成分が10分置かないとでてこないためです。なので、生姜焼きを作るぞ!となったら、まずは玉ねぎを切りましょう!

そして、小麦粉でコーティングします。ビタミンB1を流さないようにします。水に溶けやすいので、小麦粉でブロックします。

しょう油・みりんを入れて炒めます。

そして、生姜は皮ごと擦ります。生姜の皮にはホリフェノールも含まれるので、皮ごと擦ってくださいね。

そして、さらに炒めます。最後にちょい足しです。

ちょい足し食材は、また生姜。加熱する前と加熱した後で栄養効果が違います。

生の生姜を、他の食材とからめて出来上がりです。

スポンサーリンク

【教えてもらう前と後】プロの味が出せるワザは?

生姜焼き

下ごしらえにまぶすのは、何がいいのでしょうか。

  1. お肉にお酢をまぶします。火に通せば、すっぱさはなくなります。お肉も柔らかくなります。
  2. そして、小麦粉をまぶします。
  3. ちょっと油をして、小さめのフタをして、焼きムラを防止します。
  4. にんにくを擦ります。豚肉と一緒に炒めます。ニンニクには、ビタミンB1を高めてくれいいです。
  5. 仕上げの食前に、皮ごと生姜をすります
  6. 最後のちょい足しは、コンソメスープを入れます。固形の300mlに50gを入れれば大丈夫ですよ。

これで、本格的な生姜焼きの味が出せます。

スポンサーリンク

【教えてもらう前と後】4分で、焼かない生姜焼きの作り方は?

生姜焼き

生姜焼きを4分で、しかも電子レンジで作っちゃいます。夏にピッタリですよね。手も汚さず、火も使わないから、暑くならない!!

【材料】

  • 豚バラ(120g)
  • おろし生姜
  • 玉ねぎ(1/3)
  • 小麦粉(小さじ2)
  • めんつゆ(50ml)
  • ウスターソース

【作り方】

  1. バラ肉を耐熱容器に、バラバラにいれていきます。
  2. 小麦粉をまぶします。
  3. フタをして、シェイクしてまんべんに小麦粉をまぶします。
  4. そのままの耐熱容器に、玉ねぎ・めんつゆ・しょうがチューブたっぷりをいれ、ウスターソースも足します。すべて混ぜます。
  5. 600wで4分です。カレー粉をマヨネーズに入れて、カレー味マヨを作っておきます。
  6. 2分で一度電子レンジから出して、再度混ぜ合わせます。
  7. 再度、2分間電子レンジでチン。
  8. はい、出来上がり!!
スポンサーリンク

【教えてもらう前と後】生姜焼き まとめ

夏に体力もなくなりますよね。

豚肉はいいと言いますが、今回の生姜焼きの作り方で簡単に出来ますね。

これで夏バテを乗り切りましょう♪

コメント