流れ星2019年流星群が見えるのはいつ?日本でも見える?

流星群 日常・子育て

流れ星☆彡いつ見たかなぁ。若い時に、ししざ流星群を見に山までいった事を思い出します。

その時は、山に行くのに渋滞。みんな同じ事を考えていて、深夜までワイワイと楽しんだ思い出があります。

初めての流れ星をみた青春の1ページです。そんな思い出を2019年も見ることが出来るのかな?

調べてみましたので、是非みんなで・彼氏と・1人で夜空を眺めて下さい。

スポンサーリンク

流れ星2019年流星群が見えるのはいつ?

流星群

ペルセウス座流星群

2019年8月13日火曜日早朝および14日早朝に見られます。

「ペルセウス座流星群」は、3大流星群の1つでもある夏の有名な流星群です。聞いた事もある人も多いのでは、ないでしょうか?

今年は、早朝ということもあり、明るさが邪魔して見えにくいのですが、月が沈む3時半ころから夜明けまで、暗いところでは1時間に40個程度の流星を見ることが出来るかもしれないんですって!!

東京では2時30分頃から3時30分頃がチャンスです!!

8月15日は、満月にあたるので月に邪魔される可能性もありますが、この1時間は月明かりに邪魔されない可能性が大です。チャンスを狙って、流れ星をみちゃいましょう♪

1分に1個までは見えませんが、運良ければ見えるかもしれない数ですよね。

流星群

流星群の流れ星は、その名前がついている星座(ペルセウス座)のある一点を中心として四方八方に飛んでいきます。

一点だけを見るのではなく、周りをみるようにしましょうね。空のあちこちに流れていきますよ。

真っ暗の夜空に目が慣れるまで、15分位は空を眺めてみてね。どこか広い場所で寝転んでみると、楽な姿勢で見られますよ。

茅ヶ崎なら、海なんていいですよね。

夏の夜空なら暑さもなく、夏休み中でちょうどいいタイミングの流星群ですよね。

しし座流星群

流星群

(流星群はイメージです)

2019年11月18日曜日東京では2時頃に見られます。見頃は19日の未明で、1時間に1個程度しか見れません。

今年の「しし座流星群」の条件はかなり悪いです。

しし座流星群は過去に流星が大出現したことでも知られています。

2001年に日本で1時間に2000個以上の流星が流れました。はい、これを見に行ったんですね。

2001年は天候に恵まれ、私たちのようなたくさんの人が流星群が雨のように降った流れ星を目撃し、全国的に注目を浴びました。それ以来、雨のような流星群を見ていないなぁ。。

33年ごとに活発に成る流星群ですので、現在は、最も流星数が少ない時期ですので、たくさんの出現は期待できません。

次は、2034年ですか。サンチカは何歳ななるのかしら・・・。

ふたご座流星群

流星群

2019年12月15日日曜日、東京では21時頃には見られます。今年は月あかりが邪魔をして、あまりいい条件ではありません。

12月14日の夜と13日の夜も、普段より多くの流星を見ることができそうです。いずれの夜も、20時頃から流星が現れ始め、本格的な出現は22時頃から、真夜中を過ぎた頃に流星の数が最も多くなり、5時頃まで見られる可能性があります。

月明かりがかなり邪魔をして、見られるはずの流星群もへってしまいそうです。

今年の流星出現数予想は、1時間に20個程度だろうといわれています。

こちらも三大流星群になるので、放射線状に流れます。一点だけでなく、周囲もみましょう。

流星群

しかし、今年は月が放射点のすぐ近くにいるので、月を直接みないようにしましょうね。(満月ではありません)

来年の2020年は、観測条件がいいと言われていますので、来年に期待してもいいかもしれませんね。

12月はとても寒いので、風邪をひかない様に、暖かい服装で夜空を眺めて下さいね。

スポンサーリンク

流れ星2019年流星群が見えるのは? まとめ

夏以降の流星群をまとめました。今年は、あまり条件がよくないですね。

しかし、夏の時期はちょうど夏休みもあり、子供と観察したり、デートにもいい時期ですね。

いい思い出を作って下さいね。

コメント