【マツコの知らない世界】アスパラガス内山裕史って?通販で買える?アスパラの紹介(5月14日)

アスパラガス TVネタ

マツコの知らない世界では、アスパラガス年間3000本も食べる内山裕史さんが紹介されます。アスパラガス食べてますか?美味しいアスパラならぜひ食べてみたいですよね。内山さんのアスパラ紹介します。

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】アスパラガス内山裕史って?

緑色のお洋服にスラッと伸びた内山裕史さん、どんな方なのでしょう!?

【名前】内山裕史さん
【農園】うちやま農園(3代目)
【ご家族】妻(佳奈さん)・子供(女の子(京泉ちゃん)1人・男の子(哲快くん)1人)・2代目の彰さんと道子様

「うちやま農園」さんはアスパラひと筋41年。アスパラ専業です。北海道美唄市で栽培されているアスパラは、太く根本まで柔らかく、甘みも感じられます。

北海道のアスパラは有名ですよね。うちやま農園さんのアスパラ実は食べた事あるかもしれませんよ!?なぜなら、年間20tものアスパラを生産する、北海道内でも有数な生産者さんなんですもの!

「うちやま農園」さんはじつは初代は稲作。2代目お父様の彰さんからアスパラガスへ転換されました。そして平成12年に美唄アスパラ生産組合としてホクレン夢大賞を受賞されました。

その後3代目、平成20年に裕史さんが後継者として帰農したそうです。

裕史さんははじめは農家を継ぐ事は考えておらず、大学卒業後は、業種が異なる大手企業3社に勤め、営業マンとして活躍していたそうです。

30歳になり、継ぐ気がないなら農地の一部を売るという話が出たそうです。そこで尊敬するおじいちゃんの土地を人手に渡すのは嫌という気持ちがおき、会社を辞め、農業研修を経て、31歳で就農されました。

 

View this post on Instagram

 

#アスパラガスの世界

うちやま農園さん(@uchiyamanouen)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】アスパラの紹介

アスパラってどうやって出来るか知っていますか!?

畑からニュキニョキって、出てくるんです。まるでムーミンのニョロニョロの緑バージョンみたい。

グリーンアスパラ

日光に当たりニョキニョキし伸びるアスパラ。これは畑の土壌がよくなければ美味しいアスパラは出来ませんよね。

節々にあるハカマや、固い根元近くの皮はピーラーなどでで剥くイメージですが、うちやま農園さんのアスパラはスジが少なく、太いのに柔らかいのが特徴です。

ホワイトアスパラ

日本では缶に入っているホワイトアスパラのイメージが強いですよね。

生食用のホワイトアスパラは、食感・食味・風味が異なり、その違いと美味しさにびっくりです。

育て方は、遮光シートで覆ったハウスの中で栽培しています。

ホワイトアスパラは、オリーブオイルを塗ってグリルで焼くのが一番おいしい食べ方です!!

ムラサキアスパラ

見たことありますか!?育て方はグリーンアスパラと同じですが、グリーンアスパラより糖度が高くさらにやわらかいのが大きな特徴なんです。

新鮮なものを生で食べるのが一番だそうです。ゆでるとムラサキもグリーンに色が戻ってしまうそうですよ。

夏アスパラ

とても貴重なアスパラです。

春のアスパラを6月中旬ごろまで収穫したあと・・・・、一度収穫はストップします!

6月の下旬から畑をくまなく回り、剪定をしながら良い茎だけを残して、その茎をぐんぐんぐんぐんと伸ばして行きます。伸びたアスパラは小さな竹林のようになります。この竹林の部分が夏の強い日差しの下で活発な光合成を行って、その下の畑から出てくる若い茎の成長を促してくれます。

この若いアスパラが「夏アスパラ」なのです!夏のアスパラは、竹林の中から宝物を探すようにして大切に収穫をします。(引用:うちやま農園)

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】うちやま農園アスパラ通販で買える?

はい。購入できます。今が旬のアスパラです!!時期によっては購入できない場合もありますので、お早めに~。

ちなみに、うちやま農園さんのアスパラはこちらで食べる事ができますよ♪

 

↓↓↓貴重なアスパラこちらからも購入できます↓↓↓

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】うちやま農園 まとめ

北海道の気候で育てられるアスパラ美味しいでしょうね。内山さんの人柄も素敵で、「日本一のアスパラガス農家になる」というブログを書かれています。

アスパラ消費量年間たった3本、これではいけませんね。うちやま農園さんのアスパラを食べたら、きっと今までの思っていたアスパラガスのイメージが変わるかもしれませんね。

コメント