【この差って】プレミアム硬貨、昭和と平成のベスト5は?(5月14日)

硬貨 TVネタ

この差って何ですか?では、昭和と平成プレミアム硬貨が発表されました。ご自宅にもあるかも知れませんよ。お財布持って確認して下さいね。

スポンサーリンク

【この差って】プレミアム硬貨、昭和のベスト5は?

この価格は販売価格ですので、買取倍率ではありません。きれいな硬貨ほど高く買い取ってもらえますよ。

ベスト5 4倍

昭和62年の500円玉

多い時期は6億枚なのに、昭和62年の500円玉は270万部しかつくってない。

ベスト4  10倍

昭和33年の10円玉

ギザ10と呼ばれています。

ベスト3 50倍

昭和32年の5円玉

五円が楷書体で書かれています。

ベスト2 60倍

昭和62年の50円玉

なんと3000円の価値がありますよ!

ベスト1 2000倍 後期

10円

昭和61年の10円玉

ただし、条件があります。昭和61年の前期と後期によって型が違います。建物の階段によって、前期と後期が分かります。前期は分かれていて、後期はくっついてます。ルーペじゃないと分からない位小さいです。

前期の10円玉は10円のままです。

スポンサーリンク

【この差って】プレミアム硬貨、平成のベスト5は?

コイン

ベスト5 7倍

平成13年の100円玉

ベスト4 40倍

平成21年発効の5円玉

ベスト3  60倍

平成22年・平成23年・平成24年・平成25年の50円玉

ベスト2  600倍

平成22年・平成23年・平成24年・平成25年の5円玉

平成23年にsuicaをはじめ、電子マネーの普及によって、1円、5円が使わなくなり、製造もされなくなったそうです。

ベスト1 3000倍

平成23年・平成24年・平成25年・平成29年・平成30年の1円

スポンサーリンク

【この差って】プレミアム硬貨、昭和・平成のベスト5 まとめ

ありそうでなかったですよね。一度貯金箱の中を見てみて下さいね。

コメント